【知らない人に伝えたい】ジョジョの奇妙な冒険を簡単解説!【1~3部編】

スポンサーリンク

歴代ジョジョ

ジョジョの奇妙な冒険」をご存知でしょうか?
有名な作品なので「名前くらいなら聞いたことがある」といった方が多いのではないでしょうか。

アニメ化もされ、現在も放送されている「ジョジョの奇妙な冒険」ですが、
ジョジョをそもそも知らない」「気になってるけどまだ見ていない」
そんな方に伝えたいジョジョの奇妙な冒険についてまとめました!

今回は「ジョジョの奇妙な冒険」についてと1部~3部のご紹介です!

ジョジョの奇妙な冒険とは

ジョジョの奇妙な冒険は「週刊少年ジャンプ」に1986年~2004年まで連載されていました。
その後、2005年から現在まで『ウルトラジャンプ』で連載されています。

1986年から連載していて、今もまだ連載中とは驚きですよね。
僕も最初は「ジョジョって昔の作品でしょ?」と思っていました。

そんな「ジョジョの奇妙な冒険」の特徴といえばなんといっても、主人公が変わっていくことです。
話が「部」で区切られており、その区切りごとに主人公が交代していくのです。

ジョジョの奇妙な冒険の主人公

ジョジョの奇妙な冒険」は1部から始まり、現在は8部に突入しました。
つまり主人公のジョジョも8人いるのです。

この8人のジョジョは全く関係のない人物同士ではありません。
一部例外もありますが、全員がジョースター家の血を継ぐ人間なのです。

Part 副題 主人公 繋がり
1部 ファントムブラッド ジョナサン・ジョースター 初代ジョジョ
2部 戦闘潮流 ジョセフ・ジョースター ジョナサン(初代)の孫
3部 スターダスト・クルセイダース 空条承太郎 ジョセフ(二代目)の孫
4部 ダイヤモンドは砕けない 東方仗助 ジョセフ(二代目)の息子
5部 黄金の風 ジョルノ・ジョバーナ ディオの息子
6部 ストーンオーシャン 空条徐倫 承太郎(三代目)の娘
7部 スティール・ボール・ラン ジョニィ・ジョースター ---
8部 ジョジョリオン 東方定助 ---

「波紋」と「スタンド(幽波紋)」

ジョジョの奇妙な冒険」を語る上で外せないのが、「波紋」と「スタンド(幽波紋)」です。
ドラゴンボールで言えば「気」、ナルトで言えば「チャクラ」といった感じのジョジョで登場する「力」のことです。

1部と2部では「波紋」が使われ、3部以降は「波紋」の発展形である「スタンド」が使われています。
ファンの中ではどのスタンドが強いのかという論争が絶えません。

次に1~3部までを順にご紹介します。

ジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッド~(1部)

1部のあらすじ

ジョジョの始まりの物語です。
名門貴族ジョースター家の養子となったディオ・ブランドーがひそかにジョースター家の財産乗っ取りを計画します。
ジョースター家の跡取り息子であるジョナサン・ジョースタージョジョ)はディオに陥れられ、孤立していきますが、その後ディオを打ち負かします。

そして7年後、表向きは立派に成長したディオだが、ジョースター家の乗っ取りを諦めていなかった。
その後、ジョジョがディオの悪事に気付き追い詰める。
しかし、「石仮面」を手にしたディオは人間を超越した存在である吸血鬼となり姿を消す。

行方をくらましたディオを探すジョジョの前に、謎の紳士ウィル・A・ツェペリが現れる。
ジョジョはツェペリから石仮面に対抗する力「波紋」を伝授され、ツェペリと共にディオに立ち向かう。


ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド PV

1部の魅力と見所

7年後ジョジョとディオがムキムキ

最初の衝撃は作中で7年が経過したときです。
ジョジョとディオは共にラグビーをやっていたのですが、二人とも超ムキムキになってます笑

ちなみにジョースター家は代々長身で筋肉質という家系らしいです。

波紋の呼吸法

ジョジョがディオに立ち向かうために習得した力「波紋」です。
これは波紋の呼吸法という特有の呼吸法で石仮面に対抗することができるのです。

かっこよすぎて痺れること間違いなしです!

ジョジョの奇妙な冒険戦闘潮流~(2部)

2部のあらすじ

舞台は1部『ファントムブラッド』から約50年後の1938年です。
ジョナサンの孫であるジョセフと吸血鬼をも凌駕する地上最強の生物である「柱の男」達との戦いの物語です。

ジョセフは、かつてのジョナサンの師ウィル・A・ツェペリの孫シーザー・A・ツェペリと合流し、復活した3体の「柱の男」ワムウ、エシディシ、カーズを相手に、波紋の扱い方を学んでいきます。


TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」 第2部 PV [JoJo's Bizarre Adventure Part2]

2部の魅力と見所

ジョセフ・ジョースターという男

2部の主人公であるジョセフは魅力たっぷりの主人公です!
1部のジョナサンが信念を曲げない英国紳士であったのに対し、ジョセフは暴力的で気性が激しく軽い性格だが、ジョナサンと同じく正義と勇気の心を持つ主人公です。

ジョセフは全ジョジョの中で最も人気のあるジョジョなのです。

最も実力差のあるジョジョvsボス

ジョジョの奇妙な冒険」の特徴として、部ごとにジョジョとボスがいます。
ファンの中ではどのジョジョが好きかという話がされるのと同じく、どのボスが好きかも語られます。

そんな「ジョジョの奇妙な冒険」ですが、2部はシリーズの中でも最もジョジョとボスの実力差があります。
2部のボスはカーズという「柱の男」なのですが、最終対決時は究極生命体となっています。

よくジョセフ勝てたな...そんな声が絶えない2部のバトルは目が離せません!

ジョジョの奇妙な冒険~スターダスト・クルセイダース~(3部)

3部のあらすじ

舞台は2部の『戦闘潮流』から約50年後、1987年の日本から物語は始まります。
ある日突然「悪霊」にとりつかれた空条承太郎のもとに、祖父であるジョセフ・ジョースターとその友人のモハメド・アヴドゥルが訪れる。
ジョセフとアヴドゥルは、承太郎の「悪霊」の正体が精神エネルギーが具現化した「スタンド」というものだと説明する。

そしてジョセフは、スタンドの発現の原因はジョセフの祖父・ジョナサンが戦ったDIOが復活したことによるのではないかと推測する。
世界を支配する野望を持つDIOを目指し旅を始める承太郎とジョセフと仲間たちの物語です。


TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」第3部 PV

3部の魅力と見所

承太郎とそのスタンド「スター・プラチナ

3部の主人公である承太郎は最も有名なジョジョです。
ジョジョの奇妙な冒険」をなんとなくしか知らない人にジョジョ8人を見せて「どれがジョジョ?」と聞いたら、大体承太郎を指すのではないでしょうか。

そしてその承太郎のスタンドは魅力たっぷりな「スター・プラチナ」です。
ザ・主人公といった感じの「超パワー&超スピード」のシンプルな能力です。

「オラオラオラー!!!」と敵を殴るシーンが爽快です!

ちなみに1部のジョナサンと2部のジョセフはそれぞれ「ジョジョ」と呼ばれていましたが、承太郎はそのまま「承太郎」と呼ばれています。
空条承太郎という名前の「条承」の部分が「ジョジョ」に当たるのですが、実際にはジョジョと呼ばれることはありません。

次々と襲ってくるスタンド使い

3部の魅力は承太郎たちの道中を襲う様々なスタンド使いたちです。
敵のスタンド能力も様々であり、作中で不自然なことが起きると「スタンド攻撃か!?」というセリフが飛び交います。

そんな強力な敵たちをどのように倒すのか?
承太郎たちの戦いに目が離せません!

それにしても「スタンド攻撃か!?」は使いやすい言葉です笑

2部の「ジョジョ」であるジョセフも戦う

2部から50年後の世界である3部では、2部のジョジョであるジョセフも承太郎と共に旅をします。
年を取ったジョセフですが、承太郎と同様DIOの復活によりスタンド能力に目覚めています。

豪快な性格はそのままに知性もあるジョセフと承太郎の共闘が熱いのです!

最後に

今回はジョジョの1部~3部をご紹介しました!
少しでも気になっていただけたのなら幸いです。

そのうち4部~6部をご紹介する予定です!